減量時に活躍

スタノゾロールは筋肉増強剤の中でも効果の弱い部類に属することから、男性の筋肉増強にはほとんど意味を為さないものとなっています。
男性で筋肉増強を目指しているのであれば、他の筋肉増強剤を使用することをオススメします。
しかし、女性に対してはなかなか有効であり、その効果を実感することができるでしょう。
女性のボディービルダーであれば、実際に使用している人も多いのです。

しかし、冒頭でも言ったように、スタノゾロールは男性のボディービルダーやプロスポーツ選手でも愛用しているのです。
ではスタノゾロールはどのような目的で使用するのがいいのでしょうか。
それは筋肉を維持したまま減量をしたいときです。
スタノゾロールは筋肉増強剤としての効果は弱いと言いましたが、筋肉を落とすことなく脂肪を落とす際には有効な医薬品となっているのです。
ダイエットをしたのはいいものの、脂肪と一緒に筋肉を落としてしまってはリバウンドのしやすい体になってしまいます。
そのため、今できている体を崩すことなく、脂肪だけを綺麗に落とすためにこのスタノゾロールが使用されるのです。

ただし、医薬品であることから、どうしても副作用を避けることはできません。
スタノゾロールの副作用として挙げられているのが、男性ホルモンの低下や肝臓への悪影響なのです。
男性ホルモンの低下に対してはクラミッドで、肝臓に対してはシリマリンでしっかりそれぞれケアしてあげるようにしましょう。

女性向けの筋肉増強剤

スタノゾロールは筋肉増強剤ではあるものの、その効果は他の筋肉増強剤と比べると弱いものになっています。
しかし、これはスタノゾロールが筋肉増強剤として失敗作であるというわけではありません。
筋肉を維持したまま減量をしたい場合などには非常に効果的なものとなっているのです。
筋肉をつけるためではなく、筋肉を維持したままで減量をおこなうために、多くのボディービルダーやプロスポーツ選手が使用しているのです。

また、このスタノゾロールは男性よりも女性に適した筋肉増強剤だと言われています。
スタノゾロールも医薬品のひとつであるため、当然服用することで副作用が生じることだってあります。
スタノゾロールは副作用が少ない筋肉増強剤と言われていますが、それでも男性ホルモンの低下であったり、肝臓への悪影響が報告されているのです。
肝臓への悪影響は、男性が使用した場合と同じようにシリマリンで対処するようにしましょう。
しかし、男性ホルモンの低下に関しては、女性にはそもそも関係のない話であることから、男性に比べて副作用がさらに軽いものとなるのです。
女性が使用する場合は、筋肉を維持したままでの減量目的としてももちろんですが、適度な筋肉をつけるために使用しても効果を実感することができるでしょう。
これらのことから、女性ボディービルダーの中でもこのスタノゾロールを使用している人は多いのです。
女性で美しい体をつくりたいと考えている人にはオススメの筋肉増強剤となっています。